共働きの食卓

共働きカップルに限らず,
忙しい毎日でまともに家事をやろうとすると,
家庭生活も仕事も趣味もどれも中途半端になるか,
ストレスがたまって挙句の果てに“どっかーん”してしまいます.
だから,ゆる~りと無理をしないことが大切.

万の数だけ家族がいれば,万の数だけ生活スタイルがあるように,
どんな共働きカップルにも利く“やり方”はきっとありません.
下記は,私たちなりのやり方です.


<家ごはんを続ける心得>

「こうじゃなきゃだめ!」と決めつけない
 臨機応変に外食したり,手を抜いたりするのは大あり,
 それくらいの気持ちでいることが大事.

料理をすることを目的にしない
 料理自体が目的になると,きっと色々辛くなります.
 『家族の体と心の健康のため』が目的の家ごはんなのです.

つくりたい料理食べたい料理つくれる料理だけをつくる.
 無理しちゃだめなんです. 

定番の料理が一番.
 奇をてらわなくていいんです.
 日本人が長く親しんできた料理には,栄養があるからとか,
 美味しいからとか,季節の味を楽しめるからとか,
 ちゃんとした理由があります.

買いだめをしない
 週末に1週間分の食材を買うのも一つのやり方なのでしょうけど,
 私の場合,これは「アレソレを作らなきゃいけない」という
 精神的プレッシャーになってしまうので,
 必要な分を適宜買うことにしています.
 まぁ,これは好みの問題だと思いますが...


私たちが,平日に確実に一緒に食事ができるのは朝食だけ.
なので,基本的に料理をするのも朝だけです.
(ホント手抜きですねぇ...)

これといったパターンがあるわけではないのですが,
作り置き料理を最大限に活用します.
帰宅後の10-15分で,煮物や具沢山のスープを大量に用意したり,
朝食中の時間を利用して,煮物を煮込むこともあります.


独身の頃は考えたこともありませんでしたが,
1人で1人分の家事をするというのと,
2人で2人分の家事をするというのはずいぶん違います.

我が家では,料理は主に私がしますが,
他の家事もあわせるとうまい具合に分担できている気がします.

ただこれも,「こうじゃなきゃだめ!」と決め付けずに,
ゆる~い基本系と柔軟に考えるのがミソ.
今日は彼が忙しいから私がやって,私が忙しいときには彼がやる,
という感じが自然にできるのが理想ですね~.
 
 
共働きの食卓 共働きの食卓 Reviewed by MK on 1:02 Rating: 5
Powered by Blogger.